版画家・清水美三子
misako shimizu

清水美三子



女子美術大学准教授
このところ「水」をテーマにしている。
水は人のこころを浄化し、エネルギーを与えてくれるものと思う。
人は常に自然と共存し、その懐の中で生きた。そのことに立ち戻ったとき、心は自ずとバランスを取り戻すのではないだろうか。
リトグラフの技法を用い、現代人の心の芯に響くものを作りたいと考えている。
作品1・清水美三子 作品3・清水美三子
作品2・清水美三子
春暁(68cm × 47cm)左
春一番(30cm × 21cm)右上
春めく(40cm × 16cm)右下
1988年
女子美術大学卒業
1992年
第60回記念日本版画協会展 日本版画協会賞
1993年
第12回安田火災美術財団奨励賞展 新作優秀賞
第70回記念春陽展 春陽会賞
第23回現代日本美術展 神奈川県立近代美術館賞
1997年
国際版画展,国際版画・映像シンポジウム―Sightlines― 招待出品(カナダ)
2001年
現代日本の版画展 グアナファト州立博物館 他巡回(メキシコ)
2002年
現代日本版画展‘50’ ティコティン日本美術館(イスラエル)
2004年
第3回ラテンアメリカ国際版画ビエンナーレ 特別展示 アルゼンチン国立版画美術館(アルゼンチン)
2008年
アジア国際版画展 国立国父記念館(台湾)