版画家・河内美栄子
mieko kawachi

河内美栄子



版画家
日本の伝統文化であり世界的にも誇り得る技術である木版を現代の表現に大いに活かせる可能性を感じて取り組み始めて現在に至る。表現テーマとしては「自己の魂の観察」。
日本版画邀請展の開催を心よりお慶び申し上げます。開催に至るまでの関係者のご努力は大変であっただろうと推察しております。この展覧会を通じて中国と日本の文化交流が意味のあるものとなるよう願っております。
作品1・河内美栄子
作品3・河内美栄子 作品2・河内美栄子
此処は何処・・・私は誰・・・(42cm × 60cm)左
花ふとん(40cm × 63.5cm)右上
考察I(28cm × 44.5cm)右下
1979年
CWAJ展 アメリカ文化センター
1995年
日中友好版画展 蘇州
1996年
Alden Biesen城/紙のレクチャー参加(ベルギー文化庁主催)
1997年
スロベニア・リトアニア版画交流展(スロベニア・リトアニア)
ぶどうの国のビエンナーレ招待出品(山梨県立美術館)
ELEVEN ARTISTS FROM JAPAN(SUAN DUSIT UNIVERSTTY タイ)
2002年
SEIKO&MIEKO版画展 The Interchurch Center(New York)
Japan Festival 2001, contemporary Japanese woodcut UISTER UNIVERSTTY(英国)